記事一覧へ
カウンセリングサービス

夫婦の悩み相談ができる窓口・サービス3選。夫婦のよくある悩み・相談できることも解説

2022.0626

金銭感覚の違いや子育て方針の違いなど、夫婦間で意見が分かれるケースは少なくありません。夫婦の悩みを第三者に相談しようと思っても、誰に相談すれば良いのかわからず、悩みを抱えてしまう場合もあるのではないでしょうか。この記事では、夫婦の悩みについての相談の例や相談先、さらに夫婦の悩みに関する相談ができる窓口やサービスをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

夫婦の悩みを持つ女性

夫婦のよくある悩み

夫婦の悩みとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 不倫
  • 不倫未満の関係の異性がいる
  • 子育ての方針の違い
  • 金銭感覚の違い
  • DV・モラハラ
  • セックスレス
  • 家事育児の分担

こういった悩みは、夫や妻のどちらかのみが悩みを抱えている場合もあれば、夫婦ともに悩みを抱えている場合もあります。どちらの場合であっても、悩みが今以上に深刻化する前に第三者に相談することが大切です。

相談窓口で話される夫婦の悩みの例

夫婦の悩みに関する相談内容の具体的な例をご紹介します。

  • パートナーからの愛情を感じられなくなった
  • 子育ての方針や金銭感覚にずれがある
  • ささいなことで意見が対立する
  • 別居や家庭内別居が原因で苦しんでいる
  • 長い間セックスレスになっている
  • パートナーからのDVやモラハラを受けている

このように、夫婦間の悩み相談では子育ての方針や金銭感覚のずれに関する悩み、夫婦間のコミュニケーションに関する悩みを相談できます。他にも、パートナーに不倫されてどのように対処すれば良いのかわからない、セックスレスを解決する方法を知りたいといった悩みも相談可能です。

つまり、夫婦の悩みに関する相談では、夫婦間のあらゆる悩みや問題を相談できます。

夫婦の悩みの相談先

夫婦の悩みの相談先には、親族や友人、行政の相談窓口、弁護士などが挙げられます。夫婦間で共通の友人は、お互いの性格や関係性を知っているため、より具体的なアドバイスをもらえることがあります。また、パートナーの親族に相談してみるのも1つの手段です。パートナーの親族に相談するのは勇気がいりますが、パートナーのことをよく知る人物であるため、自分だけでは見つけることができない解決策に気づける可能性があります。

パートナーからのモラハラやDVなどに苦しんでいる場合は、行政の相談窓口や弁護士へ相談しましょう。特に、DVは命の危険にも繋がる危険性があるので、場合によっては警察に相談することも検討してください。「まだ耐えられるから大丈夫」などと我慢しすぎず、一刻も早く第三者の力を借りて解決に向かうことが大切です。

夫婦の悩みに関する相談はカウンセリングサービスがおすすめ

夫婦の悩みの相談先を紹介しましたが、夫婦の悩みに関する相談はカウンセリングサービスがおすすめです。ここでは、カウンセリングサービスを活用するメリットや、悩み相談の流れを解説します。

なお、上述したようにDVなど命の危険に繋がる問題を抱えている場合は、専門機関や警察にも相談するようにしてください。

カウンセリングサービスを活用するメリット

カウンセリングサービスのカウンセラーが夫婦の間に入ることで、冷静に話し合うことができます。第三者の立場で悩みを受け止めてくれるため、気持ちが整理されやすくなるでしょう。

また、カウンセラーは客観的な視点から、話を整理してくれることも特徴です。それによって、夫婦の悩みの根本原因に気づけたり、悩みを解決できるきっかけをつかめることがあります。

夫婦の悩みに関する相談の流れ

夫婦の悩みに関する相談の流れは下記のとおりです。

  • 相談したいことをまとめる
  • 相談方法を選ぶ
  • 相談先を選ぶ
  • カウンセラーに相談する

まずは、子育て方針の違いや金銭感覚の違いなど、相談したいことをまとめましょう。次に、カウンセリングを夫婦一緒に受けるのか、一人で受けるのかといった、相談方法を選びます。なお、どちらの場合でも当日のカウンセリングの流れは同様です。どちらが良いか判断が付かない場合は、そのことをカウンセラーに相談してみるとよいでしょう。

相談したいことや相談方法を決めたら、次は相談するカウンセリングサービスを選ぶ必要があります。次の章では相談窓口やサービスを紹介します。

夫婦の悩みを相談できる窓口・サービス

夫婦の悩みを相談できる窓口やサービスは下記のとおりです。

  • Unlace(アンレース)
  • NPO法人よつば
  • 配偶者暴力相談支援センター

それぞれの特徴を順番にご説明します。(以下、2022年4月30日時点の情報です。)

Unlace(アンレース)

Unlace(アンレース)

Unlace(アンレース)は、精神科医や公認心理師・臨床心理士といった資格を持ったカウンセラーにチャット形式やビデオ形式で相談ができるオンライン完結型のカウンセリングアプリです。「パートナーとの関係に悩んでいる」「浮気・不倫に悩んでいる」「子育てのストレスを感じている」など、夫婦間のあらゆる悩みを相談できます。

Unlaceは、24時間365日いつでもカウンセラーに連絡でき、料金は定額制となっています。期間内であれば何でもカウンセラーとやり取りすることが可能です。また、チャット形式でカウンセリングが完結するため、パートナーに相談していることがバレてしまう危険性もありません。

また、メッセージプランの利用中であれば、1回30分のビデオチケットを購入することでビデオカウンセリングも利用することができます。Unlaceはカウンセリングだけでなく心理診断やセルフケアのコンテンツもあるため、自分の特性を理解したり悩みを整理しながらカウンセリングを進めることができるのもメリットです。

Unlace(アンレース)

NPO法人よつば

NPO法人よつば

NPO法人よつばは、浮気や不倫、離婚に関する問題などを無料で相談できるサービスです。パートナーと離婚しようか迷っている、離婚を決めたが何から始めれば良いのかわからない、夫婦関係を修復したいけどどうすれば良いのかわからないなどの悩みに関してカウンセリングを受けられます。

また、NPO法人よつばには電話もしくはWEBで相談できることが特徴です。

NPO法人よつば

配偶者暴力相談支援センター

配偶者暴力相談支援センター

配偶者暴力相談支援センターは、配偶者からの暴力の防止、及び被害者の保護を目的とした相談窓口です。DVに関する相談や相談機関の紹介、カウンセリング、自立して生活することを支援するための情報提供などが行われています。

また、被害者及び同伴者の、緊急時における安全の確保と一時保護も行っています。その場合は、事前に配偶者暴力相談支援センターに電話で相談することが推奨されています。

配偶者暴力相談支援センター

夫婦の悩みは第三者に相談してみましょう

夫婦の悩みの相談先や、相談内容の例を解説しました。夫婦の悩みの相談先は、友人や親族、弁護士や行政の相談窓口などが挙げられます。パートナーからの愛情を感じられなくなった、金銭感覚や子育て方針の違いに関する悩みなど、夫婦間の悩みであればどのようなことでも相談できます。

また、カウンセリングサービスを活用することで、悩みの根本原因に気づけたり、冷静に話し合いができたりするといったメリットがあります。まずは、この記事で紹介したUnlace(アンレース)などのカウンセリングサービスを利用し、カウンセラーに悩みを打ち明けてみてはいかがでしょうか。

© 2022 Unlace