カウンセリングを受けるには

家族問題にカウンセリングは有効?相談できる内容やサービスを紹介

2021.0915

家族の間で問題が起きた時、当事者だけで解決できないこともあります。話し合う度に喧嘩になったり、話し合うことすら拒否されたりするケースもあるでしょう。そんな家族問題が起きた時に、カウンセリングは有効といえるのでしょうか。この記事では、カウンセリングでは具体的にどのような家族問題を相談できるのか、どのような効果を期待できるのかについて解説します。実際に家族問題を取り扱っているカウンセリングサービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

家族問題

家族に問題がある際にカウンセリングは有効?

家族間に問題がある時には、第三者によるカウンセリングが有効なこともあります。ここでは、家族に問題がある際にカウンセリングで相談できる内容や期待できる効果、料金相場について見ていきましょう。

相談できること

家族の悩みと言っても、その内容はさまざまです。ここでは、家族問題を大きく3つに分類し、具体的にどのような事柄を相談できるのか紹介します。

親子関係について

家族問題の中でも、特に親子関係の悩みを抱える人も多いでしょう。次のようなことに悩んでいる人は、カウンセリングで相談できます。

  • 親から過干渉を受けている
  • 親子喧嘩ばかりしてしまう
  • 子供を必要以上に干渉してしまう
  • 親から虐待や暴力を受けている
  • 子供に暴力をしてしまう、暴言を吐いてしまう

次の記事では、親子関係や毒親について悩んでいるときに、カウンセリングでどのような効果を得られるのかをより詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

夫婦関係について

次に、夫婦関係について悩みを抱えている人も少なくありません。次のようなことに悩んでいる人は、カウンセリングを検討しましょう。

  • 話し合いができない
  • 離婚を考えている
  • 暴力や暴言に悩まされている
  • 生活費を渡さないなどの経済的DVがある
  • 夫婦関係がない

その他の悩みでも、夫婦関係に何らかの問題があるときはカウンセリングで相談できます。

自分自身について

家族という集団の中における自分自身のあり方について悩みを抱えている人もいます。次のような悩みがある時は、カウンセリングを検討しても良いでしょう。

  • 家族と過ごすのが苦痛
  • 家族とコミュニケーションを取れない
  • 家族の中で本当の自分を出せない

上記以外であっても、家族との関わりについて悩みがあるときは、カウンセリングを利用できます。

カウンセリングの効果

家族問題についてカウンセリングを受けることで、次のような大きく2つの効果を期待できます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

話を聞いてもらうことで楽になる

家族問題に関しては、親しい友人にも相談しにくいと感じている人が多いでしょう。誰にも話せず、溜め込んでいることも少なくありません。心に溜まっていた思いをカウンセラーに聞いてもらうことで、気持ちが楽になることがあるでしょう。

すれ違いの原因を整理できる

問題が起きるまでの経緯や自分自身の気持ち、家族の様子をカウンセラーに伝えることで、家族とすれ違いが起こった原因を整理できることがあります。「あの時、家族はこう考えていたのかもしれない」「私のことを思っての発言だったんだ」など、その時は気付かなかったことに気付くことができ、関係改善を目指せることもあるでしょう。

料金相場

カウンセリングは、コミュニケーションの方法によって相場が異なります。以下を参考にしてください。

  • 対面カウンセリング:30分 約4,900円、80分 約13,000円
  • 電話カウンセリング:30分 約3,800円、80分 約10,000円
  • メールカウンセリング:1往復 約2,500円

あまりにも相場とかけ離れることがないように注意して、自分に合ったコミュニケーション形式でカウンセリングを受けましょう。

家族問題について相談できるカウンセリングサービス

ここでは、家族問題を取り扱っているカウンセリングサービスを紹介します。いずれも電話やチャットを通してオンラインで利用できるので、時間的な理由などからカウンセリングルームまで出かけることが難しい時にも、カウンセリングを受けられます。(※以下、2021年5月27日時点での情報です。)

Unlace(アンレース)

Unlace(アンレース)

Unlace(アンレース)は、精神科医や公認心理師・臨床心理士といった資格を持ったカウンセラーにチャット形式で相談ができるオンライン完結型のカウンセリングサービスです。定額で使い放題なので、カウンセラーに伝え漏れたことがあっても契約期間内ならば何度でもメッセージを送ることができます。また、スマホやパソコンで利用できるため、通勤途中や育児の合間などのちょっとした時間を活用して連絡できます。
カウンセラーからの返事は、カウンセラーの休み(週2日)を除き12時間以内に受け取れます。チャットでのやり取りを通して、家族関係を見つめ直しましょう。
Unlace(アンレース)

家庭問題情報センター

家庭問題情報センター

家族問題情報センターは、夫婦間や親子間などのさまざまな家族問題を相談できるサービスです。東京や大阪、名古屋、広島、福岡など全国12か所に相談所を設け、相談やセミナーなどを実施しています。1人で相談することもできますが、夫婦が同席して相談することも可能です。遠方などの理由で相談所に来ることが難しい場合は、無料電話相談の利用もできます。

家族問題情報センター

厚生労働省が紹介している電話相談

厚生労働省が紹介している電話相談

厚生労働省が紹介している無料電話相談へ家族の問題を相談することもできます。統一ダイヤルに電話をかけると、住んでいる地域の公的相談機関につながり、悩みを相談することができます。相談可能な時間は機関ごとに異なるため、以下を参考にしてください。

  • こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556
  • よりそいホットライン:0120-279-338※岩手・宮城・福島から0120-279-226 24時間対応
  • チャイルドライン:0120-99-7777 受付時間16~21時 ※18歳までが対象
  • 子供(こども)のSOSの相談窓口(そうだんまどぐち):0120-0-78310 24時間対応

厚生労働省 電話相談

カウンセリングサービス選びのポイント

カウンセリングサービスを選ぶ際は、まずは家族問題を得意とするカウンセラーが在籍しているかをチェックしましょう。また、家族同席でのカウンセリングを希望する場合は、複数人でカウンセリングを利用できるのかも確認してください。

また、カウンセリングの形式についても確認が必要です。実際にカウンセラーと会って話したいときは、カウンセリングルームへ足を運んで対面カウンセリングを受けましょう。一方、自宅で手軽にカウンセリングを受けたい場合は、メールや電話などのオンラインカウンセリングサービスが適しているでしょう。

カウンセリングを活用して家族の問題を改善しましょう

触れ合う機会が多いからこそ、家族との関係を円満に保つことは幸福度の向上に大きく寄与します。「家族だからいつかは分かり合えるはず」と気持ちのすれ違いを解決せずに放置していては、家族との関係がこじれ、かえって問題が大きくなることもあるでしょう。自分に合うカウンセリング方法を選んで、家族問題の改善を目指しましょう。

© 2021 Unlace