記事一覧へ
クライエント
29歳 女性 A・Yさん
家族・親族
性格・自己理解
漠然とした不安
育児・子育て

納得いく悩みの原因を知ることができ、自分の生き方に肯定的になれました

Counseling Report. 2022.1116

どういうことに悩んでいましたか?

15年以上も犬猿の仲であった弟との関係に悩んでいました。家族であるけれど連絡先も知らず、縁を切ってもいいかと思っていたのですが、親の思いもありどうしていいか分かりませんでした。

そんな中、妹が自ら命を絶ってしまい、立ち直れないほどの苦しみと悲しみを感じ、どう気持ちを整理したら良いかわからなくなっていました。

Unlace利用前に、不安や悩みの解決のために検討したことや、行っていたことは何ですか?

自己啓発本や、自律神経失調症などの精神疾患に関連のある本を読んでいました。

本やメディアからいろんな方の情報を収集していて、いろいろと参考にはなったと感じます。
ただ、所詮人の生き方はそれぞれなので、私自身の心の奥底の悩みの解決にはなりませんでした。

Unlaceを使おうと思った理由は何ですか?

私が家族療法の資格を取ることで、学んだ知識により自分の悩みを解決できればいいなと考えていました。
しかし勉強していくなかで、まずはカウンセラーになる自分自身が悩みを解決する必要があると知り、Unlaceに相談することに決めました。

印象に残っているカウンセラーとの会話内容を教えてください

「私の場合は家族関係の歪みを上手く回避できたけど、弟と妹は感受性が高かったのか、回避の仕方が分からずに歪みをもろに受けて育ってきてしまったのではないか」というカウンセラーからの言葉が印象的でした。

私は弟妹関係で一番悩んでいたのですが、この言葉で兄弟それぞれのルーツはやはり幼い頃からの家庭環境が大きく関わっていたと知ることができました。

なんで私だけ…なんでうちの家族だけ…と、何年もずっと悩んできたのですが、カウンセラーからの言葉ですごく納得できた気がして、今までの私の生き方は間違ってなかったのかもしれない!と希望になりました。

カウンセリングを通じて、どういう状態・状況になれたと思いますか?

まずはポジティブになれたことです。

趣味も変わってきて、ウクレレを本格的に始めたり、気軽に外に出て気分転換ができるようになりました。

家族以外の親戚や友達にも悩みを相談できるようにもなり、心が徐々に軽くなっていく感じが自分でも分かりました。

© 2023 Unlace