仕事・キャリア
性格・自己理解
漠然とした不安

「あるべきの魔力」に掴まり、モヤモヤしたり、泣いていた

Counseling Report. 2021.0222

仕事で悩むことが多いのですが、悩んだとしても相談できる人がおらず、ずっとひとりでモヤモヤを抱えていました。毎日、一人で頑張らなくてはいけないと状況だったのですが、自分自身の経験がまだ足りない部分もあり、そういった中で働くことが、これからの自分のキャリアにちゃんとつながっていくのか不安でした。

また仕事をしていても、すぐにカッとなってしまい人に当たってしまっていたのですが、その時にうまく伝えることができず、泣いてしまうことも多かったです。

そんな状況が辛く、通院していたのですが、5分ほどしか話を聞いてもらうことはできず、基本的に薬の処方のみという形が多かったです。

そういったこともあり、ちゃんと話を聞いてもらえるかなと思い、Unlaceに登録をしてみました。

解決したいことが自分でもわからない状況

ただカウンセリングが始まったタイミングでは、自分の中でも1番解決したいことが、よくわからない状況で、どうこの状況を説明すれば良いかという不安はあったのですが、簡単な診断を受けたあとに、カウンセラーさんからの質問で会話が始まったので、自分から伝えたいことをまとめて話さなくてもよく、また色んな要因と想いが絡まり合っている部分を、一つ一つ要素に分けて、紐解いてもらうことができました。カウンセリングの会話の中で、何気ない些細な一文から質問を掘り下げてもらうことが多く、色々なことを考えることが多かったです。

 

あるべきの魔力に捕まる

特に印象的だったのが、私が「未熟者」という言葉を使っているところから、「ならなくてはいけない」と思っている理想や「こうあるべき像」という話を掘り下げてもらったことです。

自覚してなかったのですが、自分はこういう人にならなくてはいけない。泣いてばかりではいけない。という考えが強いことに気付きました。カウンセラーさんは「あるべきの魔力に捕まる」というと表現をしていて、自分の中での「こうあるべき」という思いが、他人に対して向いてしまうと、自分の意志とは関係なく怒りをぶつけてしまったりすることが多いと聞いたときは、すごくハッとしました。

また1回1時間でカウンセリングを受けるのではなく、一定の期間の中でメッセージができるサービスだからこそ、更新されている状況についても共有できたり、思考を整理するタイミングが多くとれたりできたのも、すごくよかったところでした。

自分に対しても、そして他人に対しても、あるべきの魔力に捕まっていないかを、立ち止まって考えてみようと思います。

じっくり聞いてくれる人は、初めての存在で心が安らかになりました。Unlaceの利用を通してすこし気持ちが軽くなりました。

© 2021 Unlace