仕事・キャリア
性格・自己理解

数ヶ月ぶりに鬱になる前のいつもの日々を過ごすことができた

Counseling Report. 2021.0506

職場の人間関係が原因で適応障害となり、即時退職をしました。

その後は気分転換のためにランニングや散歩、ヨガ、寝る、カラオケ、ギター演奏、友人と電話など色々なことを試しましたが、悩みの根本的な解決にならず辛く感じる日々が続いていました。退職から2ヶ月が経ち、転職先と引越し先も決めたのですが、気持ちの切り替えが出来ず、何をしていても会社での辛かったことを思い出してしまっていました。とにかく過去を思い出す事がなくなり、元気な状態を取り戻したかったです。

一人では抱えきれない精神状態だった

無職になり一人暮らしで近くに話せる人がいませんでした。適応障害のきっかけになった前職との退職手続きが辛くて、とても1人では抱えきれない精神状態だった時にネット検索してUnlaceを知りました。運営の方も以前苦労されたと記事を読んだこと、割引のキャンペーンをしていたこと、チャットでも効果があると分かったことで、何とか辛さを解消したくてUnlaceでカウンセリングを受けることにしました。

数ヶ月ぶりに適応障害になる前のいつもの日々を過ごすことができた

辛かった前職を思い出し続ける事。辛くて寝込む時がある事などを担当のカウンセラーに相談しました、

その中で過去のよかった事・目標達成できた事を思い出したり、辛かった事を良い方へ捉え直せるようアドバイスして頂きました。また辛い時の対処法を教えてもらい、以前より不安や悩みを乗り越えやすくなりました。自分が知らなかった具体的なアドバイス。(考え事を時間で区切る。好きなものを想像したり用意するなど)今後のなりたい姿を考える時間を作る機会を頂いたり、頑張っていると度々お声がけして頂いて、とても嬉しかったです。

カウンセリングを受けた後に数ヶ月ぶりに適応障害になる前の、うつ状態のないいつもの日々を過ごす事ができました。まだ全快とは言えませんが、カウンセリングによって本当に助かりました。

© 2021 Unlace